夢に出てくる芸能人を好きになってしまう理由

テレビや映画などメディアに出演している芸能人は、一般人と比べて見た目が良いので、ファンになるということは誰にでもありうることです。
メディアでは、良い部分ばかりをクローズアップしているので、欠点がない完璧な人だと思い込んでしまうのも、簡単にファンになってしまう要因の1つです。
ただ、それほど容姿が好みではなく、特にファンでもない芸能人が夢の中に出てくることがあります。
そしてそれがきっかけになって、恋愛感情としての好きになってしまうことがあります。
その理由は、実は自分でも気づいていないうちに、以前から脳や本能がその芸能人にひきつけられていたからで、それがふと表面化しただけのことだといえます。
実際に、理想の男性像と実際に付き合っている彼氏や結婚相手の間に全く共通点が見いだせないことがあることはよくあることです。
それは自分の中で理想の男だと判断するために基準や要素が、実は自分が本当に求めている基準や要素ではないからです。
友達から理想の男性は?と聞かれたときに、変だとかおかしいとか思われないように、自分の好みを捻じ曲げて話してしまうことがあります。
人間は集団の中で生きていますから、周囲の感情を鑑みながら行動するのは当然です。
変だと思われないようにするため、自分の理想を捻じ曲げて、理想を語ってしまうことが多く、それを多くの人間は無意識に行っています。
無意識に行っているので、自分が嘘をついているという自覚がないことも多いです。
しかし夢は自分だけのもので、自分の心に嘘をつくことができませんし、周囲からの目も気にする必要がありませんから、自分の心の真実をうつしている鏡だといえます。
眠っているときに心が自由になって解放されることで、本当の気持ちが映し出されます。
夢の中で登場した芸能人は、目が覚めている間はファンでもなく好きでもないと思っていても、実は自分の心や脳、本能が気になっていて、その芸能人を夢に無意識に出すことに繋がっています。
もちろん恋愛における理想の男性と、夢に出てくる芸能人が同じ場合もありますが、それはその人が正直な人だと言えます。
好きな人ができて心が恋愛モードになってしまうと、周囲の助言や苦言は全く耳に入りませんし、自分に都合が悪いことはシャットアウトしてしまうこともあります。
それと同じことで、隠していても本能や自分の心は嘘をつけなくて、それが自分の意識から離れたところで登場してしまうので、目覚めた後も心が正直になっている状態なのでそのまま恋愛感情を持ち続けることになります。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です