お店の店員さんをナンパするのってアリ?!

何気なく入った喫茶店やコンビニで、好みの店員さんを見つけることは珍しいことではありません。
しかし、その人を目当てに通うことはあってもナンパをする人は多くないのが現実です。
恋愛関係の始まりがナンパであることは良くありますが、お店の店員さんをナンパすることは有りなのでしょうか。
結論から述べると、人によって大きく異なるというのが答えです。
人というのはナンパをする人と店員さんの両方に言えることです。
恋愛経験が経験が少なく異性と話すだけで緊張してしまうような人が、客の立場でプライベートな話をしようとしても上手くいくはずがありません。
逆に、恋愛経験が豊富でありナンパを何度も成功させている人が声を掛けても、相手のほうにその気がなければ成功することはないのです。
それでも懸命に働く姿を見て好きになってしまった場合にアプローチをしたいときは、いくつかの注意点を守ることが大切です。
まず、店の迷惑になることは避けなければなりません。
レジが混み合っているときや接客で忙しいときに呼び止められて、歯が浮くような台詞を言われても喜ぶ人はいません。
それどころか、客が一方的に話をしているだけであっても業務を放り出して客とプライベートな話をしていたということで上司や店長などに怒られることもあるのです。
そういうことが起きてしまっては、恋愛的に成功することはあり得ません。
また、相手の外見だけを褒めることも成功の見込みが低い方法です。
外見を褒められることは誰にとっても嬉しいことですが、客と店員という立場の場合はプライベートな情報を知りうることがないためそれだけで恋愛に発展することは少ないのです。
外見を褒められて交際を持ちかけられたとしても、本人の内面を全く知らないため外見だけで判断する軽薄な人だと判断することになります。
お店の店員をナンパして恋愛関係に発展させるためには、長い時間を掛けて丁寧にやりとりをする必要があります。
まず、その店に積極的に通って顔を覚えてもらいます。
顔を覚えてもらったとしても、悪い印象で覚えてもらっては意味がないため店の迷惑になることは絶対に避け、接客をしてもらった後はお礼を言うなど好印象を残せるように努力しましょう。
そして、手が空いたときに雑談ができる程度の仲になったら連絡先を伝えます。
大切なことは、相手に聞くのではなく自分から伝えるということです。
メールアドレスかLINEのIDを渡して、相手から返信があれば脈有りだと判断できるのです。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です