「相手の体臭が好き」は遺伝子レベルで相性◎

【相手の体臭が好きという感覚は素晴らしい】

相手の体臭が好きという感覚は、実は恋愛における遺伝子レベルでとても良いことなのです。
相手の体臭というものは、フェロモンと深く関わっているとされています。
そのため、恋愛において体臭はとても重要であり、自分と同じタイプの遺伝子を持つ異性の体臭を嗅いだ場合には、酷く不快な気持ち悪さを感じ、吐き気まですると言われています。
一方で、自分とはかなり遠い遺伝子を持つ相手ほど、とても良い香りを感じるとして、その臭いだけでも、とてもわくわくする気持ちになれるとされています。
また、その匂いから恋愛的な気持ちを持つと言われています。
恋人同士の場合など、あまりにも辛いことが精神的にあった場合でも、相手の良い香りを嗅いだだけで、強い疲れが吹っ飛ぶ人もいるくらいです。

【なぜ体臭が嫌いなケースがあるのか】

思春期の女の子がお父さんの体臭が大嫌い、臭いがひどい、と毛嫌いすることがありますが、これは実は相性的には、とてもいい傾向にあるのです。
なぜかというと、そこでお父さんの体臭が好きとなってしまうと、とても危険であり虐待とされる近親相姦の傾向が出てしまう可能性が高くなるからです。
そのため、人間には敢えてこのような防衛本能が働いていると言われており、お父さんは辛いでしょうが、娘さんに体臭を嫌われるということは、良い事なのです。

【体臭が好きなことで癒しになることもある】

女性がリラックスをする時に、恋愛相手がしてくれる良いものとして、よく挙げられる行為というものが、彼氏に触れてもらうことがあります。
これも相手の体臭が好きであり、臭いを感じることで、とてもリラックスが出来るからです。
また同時に、相手の男性も彼女の臭いが好きであれば、お互いに良い遺伝子相性となっているため、交際が長続きすると言われています。
そしてその理由には相手の香りで癒しをもらえるからです。
それほどまでに、体臭は交際の長続きなどにも関係があると言われています。
また、とてもモテモテの男性アイドルなどに会った女性が、その人の香りを嗅いだ時に、とても良い香りがした、と恍惚することがありますが、これはそのアイドルが良いフェロモンを出しているからであり、恋愛相手として、異性を惹きつける魅力をたくさん持っているからです。
これは同様に女性が出すものにもあり、より優秀な遺伝子を持つ人の場合、多くの人を魅了するフェロモン、体臭を出す事が出来るとされています。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です