正式に復縁するまで体の関係を持たないこと

【本命になれる人となれない人の違い】

恋愛の失恋曲などはとても多く、世間で出回っているものですが、このような悲しい恋愛物語というものは、いつの時代にもよくある話しとして多くの人たちが認識しています。
こうした中で、失恋した女性の場合に、結局自分は彼女ではなかった、というケースが出てきますが、これはなぜなのでしょうか。
まず、本命になれる女性の場合となれない女性の場合、つまるところ本命以外になってしまう女性の間には明確な違いがあります。
それは男女の身体の関係に関連してくるものです。

【男性は性欲が強ければ誰でもいいということもある】

実際のところ、男性というものは恋愛はできなくても、人間の本能というべきものから、少しでも多くの子孫を繁栄させたいという欲求を持っています。
一方で人間であるからこそこの理性は保たれています。
しかし男性によってはこのような理性など関係なく、女性であれば誰でもいい、恋愛ごっこができるというタイプの人間も存在しています。
こうした傾向から、復縁にしろ何にしろ絶対にすぐに身体の関係を持たないことです。
男の場合には、共に一晩を過ごした女性に特段にも興味が強くなければ、彼女にする気持ちなどなく、ましてや噂であっても、多くの男性と交際を持っていると聞けば、そのような女性を彼女にはしたくない、と認識するからです。

【絶対に身体の関係を持ってはならない】

復縁の場合にも、これが当てはまります。
もし、破局した原因というものが女性側の浮気などや、誰とでも関係を持ってしまうというものであれば、男性はまず、本命の彼女にしようという気持ちはゼロです。
復縁などをしたい場合には、これらを全て制裁してから、彼のもとに行く事が重要です。
また同時に、相手がいくら好きであるからといって、すぐにベッドインをしてしまうと、それは男性の思うがままです。
男という生き物は、追いかける方が好きであるため、簡単に夜の関係になる女性を、彼女にしたいとは考えません。
これは、自分の子供であるのかどうかが疑わしいという将来性にも関わってくることで、そのために貞操観念がしっかりとしている女性が好まれるわけです。
もしどうしても復縁したい場合には、相手の性欲の欲求をすぐに飲む事は絶対に避けることが重要です。
また同時に、期限などを設けるなどして、それに男性が従った場合のみ、体の関係を持つなどある程度の約束を設けなければ、間違いなく復縁は難しくなります。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です