喧嘩を全くしないカップルに潜む危険性

喧嘩をすると嫌な気持ちになるのは当たり前なので、全くしないことを自慢に思っているカップルは多いです。
しかし全くしないのは危険も伴っていることを知っておきましょう。

心の中に不満を溜め込んでいる

カップルの片方または両方が自己主張の弱いタイプだと、言いたいことがあっても強く言い出せない傾向にあります。
押しが強い方に流されることでお互い衝突することはありませんが、不満を心の中に溜め込んで相手への信頼感を失っている可能性があります。

喧嘩になるほどの話をしたことがない

「今日天気が良いね」「ここのご飯美味しいね」といった平和な会話で口論になることは滅多にありません。
カップルが言い争う原因で多いのは恋愛関係のものです。
さっき誰とメールしていたか、同僚と距離が近すぎるのではないかといった風に、相手のことを愛しているが故に責め立ててしまいます。
そのような経験がないカップルはお互いに関心があまりないので、急に別れようと言われてもあっさり別れてしまいます。
お互いを理解しようとすればするほど相違点が出て言い合いになってしまうものなので、将来を真剣に考えているカップルほど喧嘩の回数は多いです。

大切なのはお互いの気持ちを伝えること

相手を傷付けることが目的で喧嘩をするのはおすすめしません。
長く恋愛関係でいたいと願うならば、お互いが言いたいことをはっきり言い合える仲になる必要があります。
そのきっかけとして効果的なのが喧嘩です。
恋愛をする中で様々な食い違いが出てきますが、自分の考えを伝えれば相手の考えを知ることができます。
男性と女性では脳の使い方も異なるので、考えには大きな違いがあります。
その違いを把握することが始めれば、将来的に取り返しの付かない喧嘩をすることもありません。

感情的にはならないように

感情的に話してしまうと、お互いが自分の意見が正しいという気分になって仲直りが難しくなります。
恋愛をスムーズにするためなので、口論というよい議論といった役割を果たすと考えれば良いでしょう。
仲直りの時は必ず両方が謝ります。
先に謝ったから間違っていると子供じみた発想は捨て、できるだけ自分から先に折れて関係を修復します。
相手が先に謝った時は大人の対応をしてくれたと感謝するだけでも、今後の関係を良好なものにつなげやすいです。
「雨降って地固まる」ということわざを意識しておけば、お互いの弱さを許すことができます。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です